2つの団体が主催

ネイリスト

検定の種類

理美容業界の中で、ネイリストは人気の高い職種の一つです。高校を卒業してスクールに通い資格を得る方や、働きながら資格を得るOLや主婦の方もいます。ネイリストとして働くには必ずしも資格が必要と言う訳ではありませんが、正確な知識と技術を身に付ける為にはスクールに通い資格を得る事が大切です。ネイリストの資格は、民間団体の審査基準により任意で与えられる民間資格となります。ネイリスト検定を主催するのは、INA(NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション)とJNA(NPO法人日本ネイリスト協会)の2つの団体です。INAで受けられる検定は、INAネイルスペシャリスト技能検定試験とINAジェルネイル検定試験になります。JNAで受けられる検定は、JNAネイル技能検定試験とJNAジェルネイル技能検定試験になります。INA、JNAどちらの検定にもネイル検定とジェルネイル検定とがあり、どちらが主催する検定を受けたらよいのか解らないと言う方もいますが、INAは国際的に通用するネイリストの為の検定であり、JNAは国内サロンなどで働く方の為の検定と言われています。実際に国内で働く多くの方はネイリスト検定をJNAで受けています。理由として、就職の際には多くのサロンがJNAの検定を一つの目安として採用の判断基準としている為です。INA、JNAのどちらでネイリスト検定を受けても同じレベルの知識と技術を身に着ける事が出来ますが、国内サロン就職の為にはネイリスト検定はJNAで受ける方がオススメと言われています。